お子様を出産後に「妊娠前に履けていたズボンが入らない」、「お腹がぽっこり出てきて、浮腫みやすい」などの変化を覚える方は少なくありません。時には腰痛や腰周りの違和感を併発することもあります。このような症状は妊娠前後の骨盤の変化に関係しています。出産後1ヶ月程度でいわゆる肥立ちの時期を経て、妊娠前の状態に体調は回復していきますが、この時期をうまく乗り越えられないと、その後も疲れやすい症状やしつこい腰痛、下半身太りや浮腫みに長期間悩まされることになりかねません。このような骨盤のバランスの変化に伴う不快な症状や体質変化に対処するには、骨盤矯正で対処するのが根本的なアプローチになるといえます。そこで妊娠前後の骨盤の変化とその効果について考えて見ましょう。

妊娠中に変化する動きと姿勢と骨盤との関係

女性の身体は妊娠中、産道を胎児が通過して無事出産出来るように、骨盤を広げると同時に骨盤周辺の靱帯も伸びやすく緩んだ状態に変化しています。これは妊娠中に分泌されるホルモンの影響ですが、この出産に備えた骨盤を始めとした身体の状態の変化は、その後もしばらく継続します。また妊娠中には大量の羊水を抱えたままの生活になるので重心が変化し、バランスを取ろうとして姿勢も変化します。腰は反りやすくなり、身体を支えるために脚が外側に向き、いわゆるガニ股にもなりやすくなります。このような骨盤を中心にした姿勢の変化は、骨盤周辺の大小の血管や臓器への圧迫を招き、体幹部分の血液循環やリンパの流れを妨げます。このように妊娠後の姿勢の変化と下半身の臓器や血管関係への負担が、様々な不快な症状につながっています。

産後の骨盤矯正の効果とタイミングについて

骨盤矯正は、出産によって緩んだ骨盤を本来の正しい位置に戻す方法全般を指します。方法としては専門の整体や体操、ガードルの使用など色々なやり方がありますが、具体的には以下のような効果が期待されます。骨盤が正しい位置に戻ることで姿勢も正しく戻り、歩きやすくなります。歩くことの負担が減れば筋力も回復され血行も促進されます。さらに無理な姿勢による内臓への圧迫が解消され血流も良くなることで、新陳代謝も妊娠前の状態に戻りむくみの解消や、太りやすい体質の改善などが期待されます。そこで気になるのは、骨盤矯正の開始時期ですが、産後1月程度は悪露がでるなどまだ妊娠の負担が身体に残っている時期なので、妊娠前への身体の回復を自覚できる頃から徐々に開始するのがベターでしょう。おおむね分娩後6月以内が開始の期限と考えておきましょう。