オリジナルTシャツ作成時の注意点

自分でオリジナルTシャツを作りたいと考えている方にお薦めの方法は、シルクスクリーンを使用した作り方です。一度、原版を作ると何枚も同じ柄のオリジナルTシャツが作れるので、友達の仲良しグループや学校や企業のイベントに最適です。シルクスクリーンは、Tシャツに柄を写す孔版画の一種になります。昔は、版にシルクを使用していたので、シルクスクリーンと名前がついているものの、最近ではメッシュ(網目状の物)を使用して版画を作っています。シルクスクリーンの版画を作るキットも販売されていますが、もっと気軽に作ろうと考えるならば、100円ショップで専用のキットでなく代用品として、材料を揃える事も出来ます。材料を揃えてしまえば、オリジナルTシャツを何枚も作る事が出来るようになります。

自分で簡単に作れる方法があります

自宅で出来るシルクスクリーンのオリジナルTシャツの作り方を紹介します。シルクスクリーンでオリジナルTシャツを作る場合、専用のキットを使用する方法もありますが、少しでも低価格で作りたいと思われる方には、100円ショップで材料を揃える事ができます。購入する物は、ウッドフレーム、カッティングシート、スクイージー、カッターナイフ、ホッチキスです。100円ショップで購入が難しい物は、メッシュ生地とTシャツ専用のインクで手芸用品店でも販売しています。材料が揃ったら、オリジナルTシャツのプリントで使うイラストやデザインも考えましょう。自分で思い浮かばない場合は、インターネットで著作権フリーのイラストを探してみるのもお薦めです。購入してきたウッドフレームの枠からはみ出さないサイズにする事が上手に仕上げるポイントになります。

オリジナルTシャツのメリットとデメリット

オリジナルTシャツをシルクスクリーンで作成する時の注意点があります。カッティングシートを切り抜く作業はなかなか大変な作業になるので、細かい部分などが出にくいデザインの方が簡単に作成出来ます。メッシュ生地とカッティングシートの貼り付け作業も難しいので、インク量の微妙な調整が上手くいかないと垂れたりかすれてしまったりしてしまいます。自分で何もかも作成するのではなく、メッシュ生地の張り付いている木枠を購入した方がキレイに仕上げる事が出来るかもしれません。自分で作るオリジナルTシャツのメリットは、版を作っておけば何枚も同じオリジナルTシャツが出来ます。デメリットは、失敗すると修正がきかない事とカッティングシートの切り抜きが大変な事です。しかしながら、細かい作業が好きな方はコツを掴めば楽しい作業になりそうです。