妊娠出産というのは一つの命が生まれるというとても尊いことですが、母親となる母体にはものすごく大きな負担がかかってしまいます。10カ月近くという長い間お腹に赤ちゃんを抱えているので、精神的にも肉体的にも疲労がたまってしまいます。特に直接的に赤ちゃんを支える役割がある骨盤には、出産時には大きく広がってしまい、四つの骨で形成されている骨盤のバランスが悪くなってしまいます。また骨盤を支えている腰周りの筋肉にも負担はかかり、大きく伸びてしまうので元に戻るまでには時間が必要です。産後は免疫力が低下したり、骨盤が歪んでしまっていたりするので体調も崩しがちです。きちんと骨盤矯正をして元の位置に戻してあげることが、赤ちゃんと共に健康に暮らしていくための大切になります。

骨盤が歪んだままだと体調を崩すこともある

妊娠中に太ってしまって、産後になっても体型が戻らなかったり、腰痛や冷え性になってしまったという話を聞いたこともあるのではないでしょうか。腰痛や冷え性、太りやすくなってしまったなどの体質の変化は、骨盤の歪みからきている可能性があります。なぜいろいろな体調の変化が現れるのかというと、骨盤のバランスが悪いと内臓を支えられなくなってしまいます。内臓が落ちてきてしまうと、うまく腸が働かなくなってしまうので、新陳代謝や血液の流れが悪くなってしまい、太りやすくなったり冷え性になってしまったりします。さらに骨盤周りの筋肉が疲労してしまって腰痛や肩こりなど痛みやコリを感じてしまうこともあるのです。出産で歪んでしまった身体のバランスを骨盤矯正で元に戻してあげると体調も良くすることができます。

骨盤の歪みを矯正するのもタイミングが大切

出産前後の女性の身体には、出産しやすいように骨盤を柔らかくして開きやすくしてくれるホルモンが分泌されています。このホルモンは産後半年くらいの期間が経つと出なくなってしまうので、骨盤矯正をするのであれば骨盤周りが柔らかい半年くらいまでに行うとより良い効果が期待できます。ただ出産後すぐに行なってしまうと、身体に出産時のダメージが残っているので注意が必要です。医師と相談して行うのが良いのですが、目安としては出産してから1.2か月たってから半年までの間がよいようです。あくまでも目安でそれぞれの体調にもよりますので、自己判断ではなくきちんと医師と相談して骨盤矯正を行っていくことが大切です。また日頃から背筋を伸ばして猫背にならないように正しい姿勢をとったり、ストレッチをするなどして骨盤が歪まないようにケアもしていきましょう。