産後になぜ骨盤矯正をした方がいいのかというと、妊娠中は赤ちゃんを支えている関係で姿勢が悪くなってしまっているからです。妊娠中は重心が前の方にかかってしまい背中が自然と反ってしまうようになっています。この状態が10カ月近く続くので、赤ちゃんを出産した後も骨盤が前の方に傾いたままになってしまうのです。さらに赤ちゃんを支えていたことと、そして出産時のダメージで骨盤のバランスが悪くなってしまいます。骨盤がずれたままの状態が続くと、腰痛がひどくなってしまったり、内臓が落ちてきてしまうので新陳代謝や血液の流れが悪くなってしまって太りやすくなってしまう可能性があります。だから歪んでしまった骨盤を産後に元の位置に戻してあげることは大切になってくるのです。

医師と相談しながら行うことが大切

出産をすると骨盤が歪むだけではなく、骨盤を支えている筋肉にも大きなダメージを受けてしまっています。そして出産の時に骨盤は開いてしまい、筋肉は安静にしている時よりも大きく伸ばされてしまうのです。ですから出産直後に骨盤矯正をしてしまうと骨盤と筋肉にさらにダメージを与えてしまう可能性もあるので注意が必要です。骨盤は自然と元に戻ることはありませんが、筋肉はある程度回復していきますので、筋肉が回復してから骨盤矯正を受けるようにしましょう。産後の検診などで担当医に相談して安全だといわれてから施術を受けると安心です。また半年以上たってしまうと今度は骨盤が開いた状態で固まってきてしまい、元に戻すのが大変になってきてしまいます。医師と相談しながら歪みを治していくようにしましょう。

骨盤が歪んだままだとどうなるのか

産後骨盤が開いて歪んだままになっていると、周囲の筋肉に負担をかけたままの状態が続いてしまいます。また骨盤が開いたままの状態だと、内臓を支えることができないので大腸や小腸が落ちてきてしまいます。内臓が落ちてきてしまうと働きも悪くなってしまうので、新陳代謝が悪くなり、血液の流れも悪くなってしまうので冷えやすくなり、脂肪がつきやすい体質になってきてしまうのです。また股関節や腰などに痛みを感じたり、肩こりや婦人系の病気のリスクが高まる可能性があります。骨盤矯正をして骨盤を正しい位置に戻してあげることで、血液の流れもよくなり基礎代謝もアップしていくので体型も元に戻りやすくなります。整骨院で整体を受けたり骨盤ベルトを利用したりしながらなるべく早く歪みを解消するようにしましょう。