近年のオリジナルTシャツ作成における相場

学校や会社でのイベント、地域のお祭り等で誰しもが一度はオリジナルTシャツにお世話になったことがあるでしょう。一時的な利用のみで普段あまり着る機会のないものにはやはり費用をなるべくかけたくないものです。利用されているシーンの1つとしてクラスTシャツの場合、オリジナルTシャツを製作している会社の見積もりではほとんどが二千円を下回ります。普段来ている服よりは安い金額でおさめることができますが、もっと抑えたいという場合は二つ方法があります。まず一つ目はTシャツ全体の質を変えることです。これにより大幅な費用削減につなげることができます。そして二つ目は発注に関してゆとりを持つことです。製作時に何にお金がかかるのかを理解し、自分が求めている物と費用とのバランスを考えて製作をすることが大切です。

大幅な費用削減のためにまずすべきこと

Tシャツ全体の質を変える、と一言で言ってもピンとこない方も多いでしょう。まずTシャツの素材について考えます。ほとんどのオリジナルTシャツ制作会社では同じような見た目のTシャツをいくつかラインナップしていますが、それぞれを見てみると金額がかなり違っていることがあります。この場合Tシャツの生地が良いものであったり通気性に優れているものであったりとそれぞれに別の特徴が割り当てられていることが理由となっています。特にこだわりがない場合一番安いものを基準として製作することで最終的に金額を大幅に抑えることができます。また、プリントされるデザインに関してもかなり重要になります。Tシャツの前面・背面・袖や胸元のみのワンポイントなどデザインを入れる場所や大きさ、使う色の種類によっても金額は大きく左右されます。確実に費用を抑えたい場合はワンポイントのみ、かつ使用するインクも一色にすると良いでしょう。

発注やその他サービスでも費用削減は可能

デザインやTシャツの質には拘りがある方でも、発注に「2つのゆとり」をもつことでかかる費用を少なくすることができます。まず一つ目は発注量を増やすことです。オリジナルTシャツ制作会社は依頼を受けたらデザインの型となる版を作成し、Tシャツの枚数分それをプリントします。一つの版で大量にプリントする方が製作会社も費用を抑えることができ、結果として利用者の費用も変動します。また、発注量を増やすことによって当日の忘れ物や紛失時に対応できるというこちら側のメリットもあります。もう一つのゆとりは日数的に余裕をもつことです。イベント日近くに発注する場合費用が割高になってしまいます。余裕をもって準備するだけで金額が変わるのならばもちろん利用しておくべき手段です。また、製作会社にもよりますが学割や団体割引を行っているケースもあります。じっくり吟味して自分達にあった会社を見つけることが重要になります。